いつもここに、輝かしいトラックの物語

På Väg

凍りつく森を着実に進むクローラー・ギア

狭くて坂が多く、凍結した山道。総重量76トンにもなる大きな積荷。フィンランドの森林地帯で木材を運ぶのはドライバーにもトラックにも厳しい仕事だ。それでも、サク・シンパネン氏と仲間たちは恐れない。複雑な地形にも苛酷な路面条件にも負けない、クローラー・ギア付きI-シフト装備のボルボ・トラックがあるからだ。...

最高の「音」を出すトラックづくり

トラックのノイズは仕方がないもの。あって当然のものと思われているかもしれない。しかし、ボルボには、安全性・快適性を向上させるために車内・車外のノイズを「最適化」する専門チームが存在する。...

トラックの軽量化で積載量を増大

熾烈な市場競争の中で、積載量の最大化と生産性の向上を迫られたアークリッド・トランスポート社。運行管理責任者のピーター・コンウェイ氏は、用途を絞り込んだ輸送ソリューションとドライバー・トレーニングに投資することで、この目的を見事に達成した。...

ドライバーに恩恵をもたらすステアリング補助機能(VDS)

高速走行時には方向が抜群に安定し、低速走行時には操縦しやすく、筋肉や関節の負担が大幅に軽減される。ボルボの画期的なステアリング補助機能(VDS)は、2013年に登場して業界に衝撃を与え、多くのドライバーの運転行動を根本的に変えてしまった。...

市街地での配達用途に適したトラックを選ぶための6つのポイント

市街地配送用トラックの選択肢も実に多種多様だが、使い方に合った選び方を知っていれば迷う必要はない。ボルボ・トラックで製品マネージャーを務めるトビーアス・バーグマンが、検討すべき6つの重要ポイントについて解説する。...

衝突テストとシミュレーション ― 交通事故を知り尽くすARTチーム

ボルボの事故調査チーム(Accident Research Team:ART)は1969年以来、膨大な件数の交通事故を調査してきた。ボルボ・トラック製品開発部門と緊密に協力し、きわめて重要な成果を上げている。安全性を高める技術ソリューションの開発や、ボルボ・トラックが掲げる安全理念の世界的な普及活動に関する貢献度は大きい。...

1分メモ―アクティブセーフティー

新技術の発展によって、大型トラック用アクティブセーフティー・システムの能力はますます高度化してきた。ドライバーの事故防止行動を助けるアクティブセーフティー・システムは、すべての道路利用者の安全性向上に役立っている。...

1分メモ ― 視認性

走行時の視界が制限されていると、ドライバー自身と他の道路利用者の安全を確保しにくくなる。このため、ボルボ・トラックのキャブは、注意力をそらす要素を極力減らし、視界を最大限に確保できるように設計されている。特大サイズのウィンドウ、スリムなデザインのリアビューミラー、暗い環境での運転時に見やすさを向上する夜間モードなどが特長だ。...

1分メモ ― I-シフト・デュアルクラッチ

ボルボ・トラックのI-シフト・デュアルクラッチは、スムーズなギアチェンジを実現する新機構。レーシング・カー用ギアボックスの技術を取り入れた、大型トラック業界では他に類を見ない機能だ。特に、シフトチェンジがひんぱんに必要となる作業条件で絶大なメリットを発揮する。積載重量が大きいほど、そして運用条件が厳しいほど得られる効果は大きい。...

すべての記事

5 true 5