ボルボ・トラック

JAPAN

Mattias Ahlberg Tomas Thuresson
2024-01-29
テクノロジーとイノベーション
Authors
Mattias Ahlberg
Total Offer Intro Manager
Tomas Thuresson
Commercialization Manager New Offer

Volvo Trucksの新しいトラックと機能 - 知っておくべきすべての情報

エネルギー効率の最適化、視認性の向上、ドライビング体験の向上 – これらは、Volvo Trucksが1月29日に発表したイノベーションから期待できるものです。これらの重要な機能の向上は、運送業界、ドライバー、そして社会全体に大きなメリットをもたらします。 ここでは最も重要なニュースについて概要を紹介します。
 

Volvo Trucksの最新のトラックとイノベーションの発表は、大型トラック・セグメントにおけるここ数年で最も大規模な展開の1つを示すものです。 これには、外装デザインや空力特性から、エネルギー効率と安全性の向上を目的とした技術的イノベーションに至るまで、すべてが含まれます。 今回のリリースには、Volvo FH16およびVolvo FH16 Aero用の優れたパワーとトルクを備えた燃料効率の高い新しいD17エンジンが含まれています。 この新しい製品および機能は、社会的なニーズや要望、そして運送事業者およびドライバーのニーズや要望に応えるために開発されました。
 

ここでは最も重要な一連のニュースを示します。  

  1. 新しい空力特性に優れたキャブ – Volvo FH AeroおよびVolvo FH16 Aeroに搭載
  2. カメラ・モニター・システム - ほとんどのトラック・モデルで利用可能
  3. すべてのキャブでの空力特性が向上
  4. サウンド・システムの向上、その他内装のアップデート   
  5. Globetrotter XXLキャブを装備するVolvo FH Aeroは、欧州のすべての業界セグメントで利用可能  
  6. Volvo FH16およびVolvo FH16 Aero用の、最大780馬力、3,800 Nmのトルクを発揮する新しいエンジン。
  7. 省燃費機能I-Seeがさらに進化
     

「これほど印象的なイノベーションやニュースをお客様にお届けできることを非常にうれしく思います。 これは、エネルギー効率を向上させ、二酸化炭素排出量を削減するための重要な一歩です。 また、従来のミラーに代わるカメラ・モニター・システムを導入し、視認性の向上による安全性の向上を図っています。 さらに、ドライバーにより良い労働環境を提供します。 これが業界と社会全体の双方にメリットをもたらすと確信しています」とVolvo Trucksの新規オファー商品化マネージャーであるトーマス・テュレッソン氏は述べています。
 

まったく新しい、エネルギー効率の高い空力特性に優れたキャブ

最も顕著な革新は、Volvo FH AeroおよびVolvo FH16 Aeroに見られる新しい空力特性に優れたキャブです。 EUの重量および寸法に関する指令の変更により、キャブ前部を延長することが可能になり、空気抵抗が軽減されました。 さらに、キャブのデザインは、最適な空力特性を実現するために緻密な改良が図られています。
 

「ディーゼル駆動、ガス燃料駆動、電気ドライブラインのいずれであっても、抵抗の低減はエネルギー効率の向上につながります。 これはさらに、CO2排出量の削減とお客様のコストの削減につながります。 これは事業者にとって大きな進歩です」とVolvo Trucksの総合オファー・イントロ・マネージャーであるマティアス・アールバーグ氏は述べています。
 

全シリーズについて紹介するこの動画で、新しいVolvo FH AeroおよびVolvo FH16 Aeroの詳細、および実際に走行している様子をご確認ください。

Volvo Trucksのカメラ・モニター・システムによる走行性の向上

もう1つの主要な変更点は、Volvo Trucksが従来のミラーに代わってカメラ・モニター・システムを採用したことです。 このシステムには、いくつかの重要なメリットがあります。

 

  • 従来のミラーと比較して、空気抵抗を最小限に抑えるために翼型の形状にカメラを配置しています。 
  • 従来のミラーによる障害を解消し、直視性が向上しました。
  • 降雨やサイドウィンドウの汚れが後方の視界に影響を与えることがなくなります。
  • 視界縮小表示機能が、トラック周辺の交通状況についてより多くの情報を提供し、ドライバーの安全運転を支援します。 
  • メイン・リアビューのトレーラー終端線は特に、ドライバーが車線を変更するときに役立ちます。
  • 赤外線技術により夜間の視認性が向上しています。
  • ドライバーのセキュリティを強化するために、車両の駐車時にベッドサイドのコントロール・パネルからシステムを起動して、車両の周囲の状況を監視できます。 
     

「これは非常に優れたシステムであり、同じ翼型の形状にあるリア・ビュー・カメラと並んで配置されたこのセットアップでは、当社の評判の高い助手席側コーナー・カメラも利用できることも強調したいと思います」とマティアス・アールバーグ氏は話しています。
 

カメラ・モニター・システムは、超低ルーフ・モデルまたはFLADR分類モデルを除くすべてのキャブ・モデルで利用できます。 ここでは、 カメラ・モニター・システムと従来のサイド ミラーの違いについて詳しく説明します。

 

 

より詳しく知りたい場合 当社のトラックについてご紹介し、お客様のニーズに合わせてトラックをカスタマイズする方法について説明します。 

カメラ・モニター・システムは、のサイド・ミラーを置き換えることで空力特性と視界の向上に貢献します。

小さな改良が大きな違いを生む理由

すべてのキャブには、目に見える部分と目に見えない部分の双方で、空気力学的な改良が施されています。 こうした改良には、よりスムーズな気流を確保するためのキャブ・コンポーネント間の隙間の減少とシールの強化が含まれます。 フロント・ガラスの上部も最適化され、空気抵抗を最小限に抑制しています。
 

「つまり、私たちはキャブの空力特性の向上のために、多数の小さな改良を加えてきました。 また、すべてのライトが最新化され、LEDランプのみが採用されました。 より現代的な外観を実現するために、ボルボ・アイアン・マークに、全体的なデザインに一致するまったく新しいよりクリーンなデザインを施しました」とトーマス・テュレッソン氏は述べています。
 

内装のアップデートについて

刷新された外装デザインと先進的なアプローチは、トラックの内装にも反映されています。 ここでの焦点は、ドライバーにとってより良い労働環境と生活環境を作り出すことです。
 

  • オプションのアンプとサブウーファーが用意された、より良い体験を実現する洗練されたサウンド・システム。 
  • パーソナライズされたビューを可能にするセカンダリ・ディスプレイの更新されたインターフェイス。
  • 携帯電話、タブレットなどのデバイスの充電をサポートするためにソケット(USB-C)の数が増加しました。 
  • 新しい電子レンジはフロント・シェルフにうまく統合されており、利用しやすくなっています。
  • 直接視界の最適化のために、カメラ・モニター・システムの画面はA-ピラーの近くに配置されています。
  • ライト・コントロール機能を内蔵した新しいキー・リモコン。
     

Globetrotter XXLキャブはさらに多くのセグメントで利用可能になりますか?

EUの重量および寸法に関する指令が更新され、空力設計のたより長いキャブが許可されたため、ボルボのGlobetrotter XXLキャブを欧州の公道で使用することが法的に可能になりました。 つまり、Globetrotter XXLキャブを装備するVolvo FH AeroおよびVolvo FH16 Aeroが、積載容量に影響を与えることなく、欧州のすべての業界セグメントで利用できます。 木材、セメント、自動車のいずれを輸送する場合でも、より広い内部スペースと広いベッドを備えるキャブをご利用いただけます。 

「こうしたことは、路上で長時間過ごすドライバーにとって真のメリットです」とマティアス・アールバーグ氏は述べています。

Volvo Trucksの総合オファー・イントロ・マネージャーのマティアス・アールバーグ氏と、新規オファー商品化マネージャーのトーマス・トゥレッソン氏。
「これほど印象的なイノベーションやニュースをお客様にお届けできることを非常にうれしく思います。 これは、エネルギー効率を向上させ、二酸化炭素排出量を削減するための重要な一歩です」。

重量物輸送セグメント向けに強化されたパワーとトルク

重量物輸送セグメントにおけるもう1つの大幅な改善は、まったく新しい17 Lエンジンの導入です。 ボルボがこれまでに製造した最も強力なエンジンとして、最大780馬力と3,800 Nmのトルクを発揮します。
 

「これは技術的視点において世界クラスのエンジンです。 高速なエンジン応答、軽量化、高い生産性、エンジン・ブレーキ性能の向上により優れたエネルギー効率を実現しています。 高トルクのおかげで、ドライバーはより高いギヤを長時間維持し、燃料を節約できます。 これにより、環境面のメリットが得られ、同時にお客様の収益を高めることができます」とトーマス・テュレッソン氏は言います。

 

この新しいエンジンには3種類のバリエーションがあります。

  • 600 hpおよび3,000 Nm
  • 700 hpおよび3,400 Nm
  • 780 hpおよび3,800 Nm
Volvo Trucksの歴史において最も強力なまったく新しい17 Lエンジンは、最大780馬力と3,800 Nmのトルクを発揮します。

I-Seeによるドライビング体験の向上 

ドライビング体験に関するその他のニュースとしては、より効率的になったI-Seeの機能強化が挙げられます。 カーブ、ロータリー、速度標識に合わせて車両の速度を調整するように更新されました。 これにより、ドライビング体験が向上し、クルーズ・コントロールの使用率が増加します。

「この目的は、ドライバーが走行時のより重要な状況でクルーズ・コントロールを使用できるようにすることです。 これにより、ドライビング体験が向上するだけでなく、消費エネルギーと二酸化炭素排出量の削減にもつながります。 同時に、作業を簡素化するサポート機能により、ドライバーの勤務日はより快適なものになります」とトーマス・トゥレッソン氏は話しています。

全体としてこれらのイノベーションは、輸送業界が持続可能性の目標を達成し、安全性を向上させ、ドライバーを引きつけて維持する可能性を高めます。

Related Insights