ボルボ・トラック

JAPAN

Helena Knappe Markus Fabiansson
2024-02-19
省燃費
Authors
Helena Knappe
Genuine Volvo Parts Manager
Markus Fabiansson
Manager Services Offer

Volvo Trucksの部品とサービスを利用して燃料とエネルギーを節約する5つの方法

燃料コストを最小限に抑えることは、すべてのトラック・オーナーにとって継続的な課題であり、収益性の高いビジネスを運営するための鍵となるものです。 トラックの燃費には、車両の使用方法や運転方法など、多くの要因が影響します。ここでは、車両の効率性をさらに高めることができる5つの領域をご紹介します。

データ化とデジタル化によりリアルタイムで燃料消費量のモニターが可能

1. データとデジタル化を活用した運転技術の向上

トラックの運転方法は、燃料とエネルギーの消費量に大きな影響を与える可能性があります。 たとえば、惰性走行し、ブレーキと加速を最小限に抑えることで効率が高まりますが、不必要なアイドリングは無駄になります。 データを収集して分析することで、改善すべき領域を特定し、消費を抑えるための措置を実施することができます。

 

Volvo Connectを通じて利用できるVolvo Trucksのデジタル・サービス燃料と環境およびエネルギーと環境では、個々の車両と、保有車両全体の双方について、燃料またはエネルギーの消費量に関する明確かつ簡潔なレポートが提供されます。 ブレーキと加速、速度設定、予測、アイドリングなど、いくつかのパラメーターについて運転操作が対象となります。

ドライバーはデータを活用することで、操作を微調整して修正し、燃料とエネルギーを節約できます。」

「最も熟練した経験豊富なドライバーであっても、改善の余地はあります」とVolvo Trucksのサービス・オファー・マネージャーであるマーカス・ファビアンソン氏は言います。 ドライバーはデータを活用することで、操作を微調整して修正し、燃料とエネルギーを節約できます。」
 

接続機能とデータ分析が燃料効率とエネルギー効率の高い運転操作にどのように役立つかについて詳しくご覧ください。

サービス技術者は、放置すると燃料消費量が不必要に増加するさまざまな問題に対処できます。

2. 定期的なメンテナンスとソフトウェアのアップデート

よくメンテナンスされた車両は燃費の良い車両です。 技術者は、定期的にメンテナンスを行うことで、ブレーキの引きずり、フィルターの詰まり、圧力と燃料の漏れ、ホイールのアライメント、放置すると燃料消費量の増加を引き起こす可能性のあるその他の問題に対処できます。

 

これにより、定期的なオイル交換間隔が保証され、摩擦とエネルギー損失を最小限に抑えながらエンジンを稼働させることができます。 さらに、メンテナンスには最新のソフトウェア・アップデートが含まれる場合があり、これによりパフォーマンスや燃費が改善することがあります。 定期的なメンテナンスにより燃料を節約する方法をご確認ください。

 

サービス契約は、定期的なサービスとメンテナンスを確実に実施する最も簡単で便利な方法です。 提供されている各種のボルボ・サービス契約について詳細をご覧いただくか、最寄りのVolvo Trucksのディーラーにお問い合わせください。
 

3. タイヤが正しい空気圧まで充填されていることを常に確認してください

EUの一般安全規則(GSR)の一環として、2024年からすべての新型トラックにタイヤ空気圧監視システムが義務付けられています。これにより、各ホイールのセンサーによってタイヤ空気圧をリアルタイムで追跡することが容易になり、タイヤに関連する事故を回避し、安全性と稼働率を確保できます。

 

また、タイヤの空気圧が低いと転がり抵抗が大きくなり、ひいては燃料とエネルギーの消費量が増加するため、常にタイヤの空気圧を最適に保つことが重要です。

 

Volvo Trucksのタイヤ監視サービスでは、Volvo Connectを通じてフリート事業者にトラックやトレーラーの全概要を提供し、タイヤに関連する問題によるコストや混乱のリスクを軽減します。 過小圧力や過大圧力の警告、パンクの警告、故障検出などを行います。 また、センサーのバッテリーステータス、タイヤ温度の概要、ゆっくりとした漏れの検出も行います。

転がり抵抗とタイヤが燃費に与える影響について詳しくご覧ください。

 

4. 電動の場合は、My Truckアプリでバッテリーを予熱します

電気トラックでは、バッテリーを事前に調整することで、電力が最大限に活用され、エネルギー効率を最大化することができます。 また、バッテリーの寿命を延ばすためにも役立ちます。 My Truckアプリの事前準備機能を使用すると、スマートフォンを介してキャブの暖房システムをリモートでプリセットし、自動的にスイッチがオンになるようにすることができます。 これにより、トラックのバッテリーは出発時に最適な温度になります。

 

電気トラックの航続距離を延ばすためのヒントをさらにご覧ください。

空気抵抗を解消することは、トラックの燃料消費の低減に大きく寄与しますが、ディフレクター、スポイラー、フェンダーによって最小限に抑えることができます。

5. 車両のカスタマイズによる空力特性の向上

ルーフ/サイドディフレクター、スポイラー、フェンダー、シャーシフェアリング、およびホイールキャップはすべて、空力特性と燃料効率の向上に貢献します。 ただし、効率を最大化するには、こうしたアクセサリーをトラックとトレーラーの構成に応じてカスタマイズすることが重要です。

 

「トラックの表面をより滑らかにし、隙間を埋めることはすべて、燃費の向上に役立ちます」とボルボ純正バーツ・マネージャーのヘレナ・ナッペ氏は言います。 「トラック純正メーカーのバーツやアクセサリーを使用することを強くお勧めします。これらは、最適な空力特性を得るために車両に完璧にフィットするように設計されています」。

「トラックの表面をより滑らかにし、隙間を埋めることはすべて、燃費の向上に役立ちます。」

詳細については、空力特性の重要性をご覧ください。また、記載されているサービスの詳細については、最寄りのVolvo Trucksのディーラーにお問い合わせください。

 

テクノロジーがより燃費の良い運転に貢献する方法についてご覧ください。

  • コネクテッド・サービスと優れた運転技術により燃料消費量とCO2排出量を低減する方法
  • デジタル・ドライバー・コーチング・サービスを実際に適用する方法
  • AIと機械学習が未来に向けたドライバー・コーチング・サービスの開発にどのように役立っているか

 

関連する記事