ボルボ・トラック

JAPAN

Gabor Szalo Hanna Degerman
2024-01-18
テクノロジーとイノベーション 省燃費
Authors
Gabor Szalo
Senior Engineering Specialist
Hanna Degerman
User Experience Product Planner

カメラ・モニター・システムおよびミラーによる運転の違い

サイド・ミラーによりトラックを運転することは、ドライバーにとって常に当たり前のことでした。 しかし近年、それに代わっていくつかのメーカーがカメラ・モニター・システムを提供し始めています。 しかし、それはいつ、どのような場所で役立つのでしょうか? また、カメラとミラーの長所と短所は何でしょうか?

2016年、国連はカメラ・モニター・システムをミラーの代わりに使用できるように規制を緩和しました。 この利点の1つは、いわゆる直接視界が改善されることです。これは、ドライバーの視点から視認できることを意味します。 つまり、ミラーやカメラの助けを借りずに見ることできます。

欧州委員会は、次の一般安全規則によって事故数が減少し、2038年までに25,000人以上の命が救われ、少なくとも140,000人の重傷者の発生が回避されると予想しています。カメラ・モニター・システムは直接視界の向上によって、こうした数値の減少に寄与できます。しかし、カメラ・モニター・システムが開発される主な理由は、空力特性が向上し、燃料とCO2排出量を節約できることにあります。


「誰もが燃料やエネルギーの消費量を削減したいと考えています。ミラーに伴う空気抵抗が軽減されるよりスリムなカメラ・ユニットにより、エネルギー効率が最大1.5%*向上します。 しかし、どのソリューションがお客様に適合し、運転体験を向上させるかを見極めることも重要です」と、Volvo Trucksの視界担当シニア・エンジニアリング・スペシャリストであるガボール・ザロ氏は言います。

サイド・ミラーの代わりにカメラを搭載した最初のトラックは2019年に登場し、それ以来技術的な可能性は急速に拡大しています。 いくつかのメーカーがカメラ・モニター・システムを搭載したトラックを発売しており、将来的には法的な奨励によってそのプロセスが加速されます。 2029年までに、欧州一般安全規則 (GSR) では、死角を最小限に抑え、車両のドライバーから直接見える範囲を拡大するために、新規登録されたすべてのトラックに直接視界要件が適用されます。

技術開発や今後の法律に関する考慮に加えて、ミラーの代わりにカメラで運転することは、可能性と利点だけでなく、課題と限界もあります。 考えられる点は次のとおりです。

 

カメラ・モニター・システムおよびサイド・ミラーで運転する場合のそれぞれのメリット

 

空力特性:

  • トラックの空力特性は、燃料効率、ひいては環境への影響に最も大きな直接的影響を及ぼします。 カメラ・モニター・システムは従来のサイド・ミラーと比べて空気抵抗の影響を低減するため、燃料消費量とエネルギー消費量がともに削減されます。

視認性と安全性:

  • カメラを使用する場合、ドライバーの視界を遮る物理的なミラーは存在しません。 したがって、次のような複雑な交通環境に適しています。 たとえば、無防備な道路利用者がトラックの近くにいる場合や、ミラーがドライバーの視界を妨げる可能性があるロータリーを走行する場合などです。
  • また、カメラには自動または手動のトレーラー追跡機能があり、トレーラーの動きを追跡することや、後進時に利用することができます。 これは、サイド・ミラーでは実現できないデジタルの利点です。
  • (車線変更時に) 表示に組み込まれる基準線は、カメラ・モニター・システムを使用したデジタル・サポートのもう1つの形態です。
  • 通常の凸面ミラーでは、ミラー半径により多少の像の歪みが生じます。 カメラ・モニター・システムの場合、画像の歪みを補正できるため、ドライバーはより現実に近い画像を得ることができます。
  • ドライバーが眠りに落ちているときは、カメラ・モニター・システムによる監視機能が役立ちます。 また、カーテンを開けなくても、キャブ内から作動させることもできます。
     

天気と暗闇:

  • カメラ・アームの内側でレンズの保護性が向上しているために、雨中でもカメラの視界が向上します。 しかし、おそらくさらに重要なことは、画面がキャブ内に配置されているため、降雨時にウィンドウとミラー自体の双方の視認性が向上することです。
  • ガラス面積が大きい従来のミラーよりも、カメラのレンズをきれいに保つ方が簡単です。 また、カメラは通常、トラック外側の高い場所に設置されるため、汚れの影響を受けにくくなっています。
  • 暗闇カメラは、ミラーと比較して視認性が向上し、また暗い場所でも機能するカメラの特徴によりナイト・ビジョンも強化されるという利点があります。
     

法令順守:

  • 前述したように、一般安全規則 (GSR) 2029には直接視界に関する法的要件があるために、カメラ・モニター・システムが望ましい選択肢になる可能性があります。
  • 2024年から、ロンドンを通過する12トンを超える車両には、(ドライバーがキャブ・ウィンドウから直接見えるものに基いて) 3つ星評価を取得するか、トラックにさまざまな安全システムを装備する必要があります。 このために、ミラーに代わってトラックにカメラを搭載することが望ましい選択肢になります。

カメラ・モニター・システムおよびサイド・ミラーで運転する場合のそれぞれの課題

視認性と安全性:

  • ミラーは3次元の画像を提供しますが、カメラ・システムは2次元です。 奥行きの視覚、後方車両の距離と速度の把握に慣れるまでに時間がかかる場合があります。
  • カメラの解像度はミラーに比べて劣る可能性があります。 ミラーは、目と同レベルの鮮明さがあります。 カメラは広角レンズで、画面の解像度は限られています。 これにより、ドライバーは距離の判断が難しくなることがあります。 したがって、画像の解像度と画面サイズの選択が重要になります。
  • 画面の配置は、新たな死角を作らないように、キャブの内装に合わせて調整する必要があります。 通常のミラーよりも画面サイズが小さくなる可能性があり、その結果として画面内の対象物のサイズに影響します。
     

修理:

  • カメラ・モニター・システムはセンサーと画面をともに備え、コンピューターにより画像を管理しています。 損傷が生じている可能性がある場合は、修理にさらに費用がかかることがあります。 ただし、どの部品を交換する必要があるか、またサービス契約の対象であるかどうかによって異なります。
     

運転体験:

  • カメラ画面の2次元画像を見ることは、通常のミラーを見る場合とは異なります。 現在、多くのドライバーが従来のサイド ミラーでの運転に慣れており、これは新しい運転体験であるために、適応が必要です。
  • さらに慣れる必要があるのは、より重要なことですが、技術的な設定と新機能です。 こうしたことは、運転方法に慣れる際に、速度、距離、周囲のエリアについて正しく推定することともに、ドライバーの日常的な習慣に組み入れる必要があります。

選択方法 - サイド・ミラーとカメラ・モニター・システムの未来

カメラ・モニター・システムと従来のミラーには、どちらにも長所と短所があります。 サイド・ミラーとカメラ・モニター・システムでは運転体験が異なり、またそれぞれに対してドライバーの好みも異なることが考えられます。

また、一部の業態では、こうした適応が容易になる場合もあります。 たとえば、長距離の運転では、距離の判断と視野の深さの判断を繰り返し行うことが重要であり、より多くの後進操作が必要になる可能性がある市街地の運転よりも早く慣れることができる可能性があります。

「ドライバーの好みはさまざまですが、カメラが目標とするのは、画面をできるだけ現実に近づけ、可能な限り最高の運転体験を提供することです。 新しいドライバーにとっては、カメラは標準的なものになるかもしれませんが、ここでの選択は運転環境の変化や新しいデジタル ソリューションをどれだけ受け入れるかによって決まります」と、ボルボ・トラックのユーザー・エクスペリエンス製品プランナーであるハンナ・デガーマン氏は述べています。

キエル・ブルントロム氏は、視覚に関する研究を専門とするスウェーデンRISE研究所のシニア・サイエンティストです。 同氏は近い将来、カメラはより一般的で好まれるものになる可能性があると考えていますが、カメラ監視システムにいくつかの要素を追加することで、輸送業界のすべての人、そしてあらゆる業態にとって好まれる選択肢にすることが有益になる可能性があります。

「現状では、カメラ・モニター・システムは通常のサイド・ミラーやリア・ビュー・ミラーに比べて視野が浅くなっています。 しかし、RISEおよびVolvo Cars**の研究によると、奥行きの知覚低下の軽減のために、距離と危険な物体を示す追加グラフィックスをカメラで表示することがドライバーが正しい判断を下すうえで望ましいことがわかりました」。

この分野ではテクノロジーが急速に進化しています。 クラシックなサイド・ミラーまたはカメラ・モニター・システムのいずれを選択するかは、好みやセグメントによって異なる場合があります。 ビジネス要件を評価する必要がありますが、法的コンプライアンスの可能性、 そしておそらく、ドライバーの新しい運転体験に対する好みや積極性も関係します。


*実際のエネルギー効率は、走行速度、クルーズコントロールの使用、車両の仕様、車両の積載量、実際の地形、ドライバーの経験、車両のメンテナンス、気象条件などさまざまな要因によって変動します。

 

** 出典: Zhang, M. and G. Bin. The effect of CMS with AR on driving performance. (diva2:1717225)、スウェーデンRISE研究所、チャルマーズ工科大学、修士号論文。 2022年、参照先: http://urn.kb.se/resolve?urn=urn:nbn:se:ri:diva-61469

Related Insights