ボルボ・トラック、東京モーターショーで主力モデル「ボルボFH」を紹介

ボルボ・トラックは、第44回東京モーターショー2015(10月29日(木)~11月8日(日)、UDトラックスとの共同出展)で、主力モデル「ボルボFH 6x4トラクター」を展示いたします。

Volvo FH Front

2012年に約20年ぶりに設計思想を根本から変えるフルモデルチェンジを行ったボルボ・トラックの主力モデル「ボルボFH」は、発売以降、「2014年インターナショナル・トラック・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、世界的に高い評価を得る長距離輸送のベストソリューションです。ビジネスの成功への大きな鍵となるドライバーを念頭に設計された新しいボルボFHは、キャブデザインを大幅に変更し、従来の製品に比べて居住性や視認性、操作性を向上。また安全性を重視する日本の顧客ニーズに応え、デュアルビューモニターの標準装備で安全機能をさらに充実。世界トップクラスの革新の技術を備えたボルボFHは、お客様のビジネス効率に貢献するベストソリューションです。

また、隣接するボルボ・グループの展示エリアでは、安全性・品質・環境性能の先駆的な存在として、先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System)やドライバーサポートシステムなど、より安全で環境に優しい製品・サービスの提供を可能にする最新のテクノロジーをあわせてご紹介いたします。