北国からの光

ボルボ・トラックのヘッドライトは氷から生まれた――。 シニアデザイナーのマリア・バルタマールが、ボルボ・トラックの「顔」ともいえるヘッドライト・デザインの発想と大自然とのつながりを語った。

ボルボのヘッドライト

ボルボ・トラックの特徴的なヘッドライト・デザインには、固く引き締まった氷の姿と感触がダイレクトに反映されている。

スウェーデンには、地平が雪と氷で覆いつくされ、すべてが様変わりする季節が毎年やってくる。
「冬は、ふたたび光をもたらしてくれる季節、 見慣れた姿を変えてしまう季節です。そこに新しいカタチが生まれてきます」と語るのは、ボルボ・トラックのシニアデザイナー、マルア・バルタマールだ。 

デザイン・チーム

ボルボ・トラックのデザインに求められる要素は、カタチの個性や美しさだけではない。バルブ交換のしやすさ、苛酷な天候条件に対する強さといった現実的な問題もしっかりと考慮する必要がある。

ボルボ・トラックの「顔」と言ってもいいヘッドライト。そのデザインの発想には、凍てつく冬景色のイメージや、 固く引き締まった氷の姿と感触がダイレクトに反映されている。

「私たちは、ボルボ・トラックをデザインするにあたって常にシンプルさを追求しています。
もっと削ぎ落とすには、もっとスッキリさせるには、もっと明確にするには…そんな自問自答を繰り返すうちに、 大自然から得たひらめきの要素が大きくなるんです」

ヘッドライトの中でひときわ目を引くV字形の走行灯は、車両の動きを、そして、動きの中にある氷河のような上質さを感じさせる。 V字以外の部分は、湖面に張った真新しい薄氷のような、澄み切ったシェルに覆われている。 

それは、路上で目にした瞬間にボルボのヘッドライトとわかる特徴的なデザインだ。 バルタマールはこう説明する。「車のヘッドライトはたいてい横長で、フロスト加工されていて、プラスチック外装の中がどうなっているかほとんど見えません。 でも、ボルボのヘッドライトは違います。 外装がクリアーなので、ライトの中の区画ひとつひとつがはっきりと見えます。 また、縦長の外装とそれを縁取るような走行灯が独特なカタチを印象づけるデザインになっています。 ですから、ヘッドライトを見た瞬間に『あっ、ボルボだ』とわかってもらえるのです」

ヘッドライトのスケッチ

このヘッドライトには、路上でボルボらしさを主張する明確な個性がある。 「ヘッドライトを見た瞬間『あっ、ボルボだ』とわかってもらえるようにデザインしています」

ライトによって安全性とドライバー環境を改善する方法を常に探り続けています

マリア・バルタマール

ボルボ・トラックのシニアデザイナー

スケッチ作業中のマリア・バルタマール

「ライトによって安全性とドライバー環境を改善する方法を常に探り続けています」とバルタマールは言う。

力強いデザインには、カタチの個性や美しさと同じくらい、現実的な配慮もしっかりと盛り込まれている。

「トラックのパーツには、見た目の良さだけでなく、あらゆる部分が構造的にしっかりしたデザインであることが要求されます。 

ヘッドライトについて具体的にいえば、まず、フタを開けて電球やLEDを交換できるデザインでなくてはなりません。 また、トラックですから極度に暑い環境、寒い環境に耐えられる必要があります。 気温が変化すると一つ一つの要素がすべて膨張・収縮しますから、車両のどんな部分をデザインする際にも温度変化の問題は無視できません。 場合によっては、パーツのサイズ変化によって隙間ができてしまうこともあります」

マリア・バルタマール

ボルボ・トラックに在籍して6年のマリア・バルタマール。

ライト全体の構造に弾力性を持たせながら内部の構成要素を一つにまとめ上げる方法についても、デザイン・チームは、複層化というテクニックを自然から学んだ。

「伸びたり縮んだりするものの強さと形を維持するには、どんな方法があると思いますか? 実は、自然の中には複層構造によって強さが実現されているものがたくさんあります。 このランプもそれと同じように、別々の要素を複層的に組み合わせて全体が形成されているのです」 

ヘッドライトは安全確保に欠かせない大切なパーツだ。とりわけ、北極に近い土地の冬は昼の時間が短く、ドライバーは暗闇の中でシフトをこなす機会がどうしても多くなる。 その切実さを知るボルボ・トラックは、今後もライトの革新的なデザインを生み出し続けるだろう。

「LEDの発展によって大きな可能性が開かれましたね。 私たちは、ライトによって安全性とドライバー環境を改善する方法を常に探り続けています。 たとえば、適切な種類のライトを使うとドライバーの注意力を高めることができますし、 まだまだ新しいことができそうです」と、バルタマールはこれからの展開に期待する。

マリア・バルタマール

役職: ボルボ・トラックのシニアデザイナー
年齢: 41歳
ボルボ勤務年数: 6.

 

Related News

究極の視界をデザインする

新型ボルボFHのリアビューミラーは、最適な視界を確保する機能を果たしつつ、このトラックの特徴的な外観を構成する要素の1つになるようデザインされている。...

記事を絞り込む

5 true 5