ボルボFHが得意とする25の分野

雪と氷で覆われた道路や高温、砂漠の中の道路、 山岳地帯を縫うように進む道路や平原を横断する道路。 ボルボFHは難所や厳しい気候をものともしないトラックです。 1993年から、ボルボFHはトラックに対するお客様の期待に応えてきました。 そして25年後の現在も、ボルボFHは発展を続け、期待された以上の進化を遂げています。ここに、ボルボFHが克服した25の困難な気候条件をご紹介します。 皆さんがお得意の条件は入っているでしょうか。

夜間に積雪した路上を走行するボルボFH

25: 雪と氷で覆われた道路には危険が伴います。 ボルボFHでは、車両挙動安定装置やボルボ・ダイナミック・ステアリングのような機能を通じて安全を確保できます。

積雪した路上を走るボルボFH

24: 下り坂を走行するときは、ボルボ・エンジン・ブレーキが優れた制動力を発揮します。 苛酷な条件下でもそれは変わりません。

上り坂を走行するボルボFH

23: 山岳地では燃費効率が悪くなりがちです。 I-Seeの予測可能なクルーズ・コントロールを搭載するボルボなら、燃料消費量を維持するだけではなく低減することが可能です。

上り坂を走行するボルボFH

22: 急勾配を登るときは高い性能が求められます。 1993年以来、ボルボFHはあらゆる地形で並外れたパワーを見せてきました。

山の景色を背にして走行するボルボFH

21: ボルボFHは単なる移動手段ではありません。 仕事場であり、生活する場でもあります。 長距離運搬では、運転の快適性が重要です。 ボルボFHは1993年からドライバー本位の設計を取り入れています。 実際のドライバーと連携して何度も試験を行い、キャブの改良を重ねています。

曲がりくねった橋の上を走行するボルボFH

20: あらゆる場所で正確なステアリングができなければなりません。 カーブが多い道路では、ステアリング補助機能がドライバーのステアリング制御を助け、首や背中にかかる疲労も軽減することができます。

曲がりくねった道を走行するボルボ

19: 沿岸部の走行や大雨では、塗装の品質が試されます。 ボルボFHでは、上塗り塗料や彩色の層の下に2層の腐食防止剤が下塗りされています。 ボルボFHの色展開は650色を超えることをご存じでしょうか。

港湾地域を走行するボルボFH

18: ボルボFHで大荷重の輸送が可能なのは、クローラー・ギア付きI-シフトのおかげです。 ドライバーはより多くの仕事を引き受けられるようになりました。

広大な土地を進むボルボFH

17: 混雑していない道路を走行するときもあります。 ドライバーが集中力を維持できるよう、ボルボFHは複数のシステムを通じて不安定な行動を検知し、休憩が必要なタイミングを知らせます。

ボルボFHのクローズアップ

16: 視認性が優れていると運転の助けとなります。 ボルボFHは年々フロントガラスのサイズを広げ、ドライバーにとってより快適な仕事場を作り出しました。

山岳地を走行するボルボFHトラック

15: 燃料コストの削減は利益に大きく影響します。 ボルボのドライバー能力向上トレーニング・プログラムでは、費用を節約し、排出物質量を削減するための知識とツールをドライバーに提供しています。

緑豊かな土地を進むボルボFH

14: 1993年の発売以降、ボルボFHは輸送用トラックとして優れた結果を出しています。 この汎用性が高いトラックは、さまざまな業務を想定して設計されています。 優れた燃費効率を維持しながら、コストと排出物質量の両方を削減できます。

緑豊かな土地を走行するボルボFH

13: ボルボのトラックでは自然環境の保護が重視されています。 ボルボFHは、排出物質量の低減をどこまでも目指しながら、 パフォーマンス水準はお客様の期待に合うよう維持します。

スピードを出して走行するボルボFH

12: 高い平均速度を維持することにより効率を向上させ、燃料を節約します。 新しい機能とソリューションを加えながら、ボルボFHは進化を続けます。 高い制動力とパワートレインの優れたパフォーマンスを兼ね備えたボルボFHには独自の強みがあります。

緑豊かな土地を走行するボルボFH

11: 新型ボルボFHは「トラック・オブ・ザ・イヤー」を3回受賞しています。 最近の受賞では、革新的なキャブと最先端の駆動系コンポーネントで審査員を感心させました。

ボルボFHのクローズアップ

10: ドライバーを守るレーン・キーピング・サポートは、車線標示をカメラで追跡し、運転ミスで車線境界線を越えた場合はドライバーへの警報を作動させる機能です。

広大な土地を進むボルボFH

9: 運転快適性は重要です。 長距離運搬中は特に配慮が必要です。 実際のドライバーと連携して厳しい試験を行い、ボルボのトラックはドライバーのニーズを取り入れています。 ボルボFHは発売時からこの点で先行しています。 そして今日に至るまで、ボルボFHはドライバーのためのトラックであり続けています。

上り坂を走行する2台のボルボFH

8: ボルボFHはアクティブ・セーフティー機能を徐々に充実させています。 緊急ブレーキ装備付き衝突警報装置はその一つです。 これは、レーダーとカメラを併用してトラックの前方の車両を特定する機能です。

乾燥した土地で静止中のボルボFH

7: 静止中もボルボFHはドライバーの安全と快適性を守ります。 最近の追加機能にはI-パーククールがあります。 車外の天候の変化に左右されることなくドライバーが良質な睡眠がとれるようにする新しいクライメイト・システムです。

上り坂を走行する白いボルボFH

6: I-シフト・デュアルクラッチを使用すると、丘陵地域の走行中に燃費を節約できます。 ギアチェンジを迅速・巧妙に行うことでエンジン回転数の低減を維持する機能です。

山間部を走行するボルボFH

5: ボルボFHは、路上で目にした瞬間にボルボとわかる特徴的なヘッドライトを備えています。 ただ単に見た目が美しいだけでなく、他の道路利用者からトラックを認識しやすくためにも一役買っています。 氷とスカンジナビアの冬からアイデアを得たデザインです。 ドライバーや道路利用者の目に配慮し、ヘッドランプには高輝度放電バルブが採用されています。 

ボルボFHタンカー

4: 高温でほこりっぽい場所は運転するには厄介な環境です。 困難な場面こそボルボFHが活躍します。 1993年の販売開始前、ボルボFHは米国のアリゾナ州や西オーストラリア州といった高温環境で厳しいテストを受けました。

夕日を背にしたボルボFH

3: 強風は運転にとって悪条件です。 ステアリング補助機能は強い横風による影響を相殺し、ドライバーの疲労を軽減します。

海辺で夕日を背にしたボルボFH

2: トラックに安心して出入りできるようにする必要があります。 ボルボFHの盗難防止システムは105デシベルのアラーム音を鳴らし、どこを走行していても安全性の確保に役立ちます。

夕日を背にしたボルボFH

1: 将来に何が起きるかわかりませんが、 ボルボFHはどんなときも頼りになります。