ドライバー不足に正面から取り組む

ドライバー不足の問題はトラック業界全体の悩みのタネになっているが、オーストラリアの状況は特に深刻だ。ボルボ・グループ・オーストラリアの社長兼CEOであるピーター・ブールホーブは、経営陣と力を合わせ、先を見越した対策に取り組むことにした。

ピーター・ブールホーブ

ピーター・ブールホーブは、ドライバーに輸送業界への就職を奨励する制度を発足させる考えだ。

ボルボ・グループ・オーストラリアが、ドライバー不足を問題視し始めた時期はいつですか?
「そういう事態が忍び寄ってきていることは以前から認識していましたが、一昨年、こんなことがあったのです。ヴィクトリア州輸送協会会長主催の夕食会で、ドライバーをもっと大事にしようという話をし、ドライバーの身になって作られた新型ボルボFHの機能を紹介しました。すると参加者から大きな反響があったのです。新しいドライバーの確保に皆さんが苦しんでいるところへ、意外にもトラック・メーカーの側からそんな話が聞けたので喜ばれたようです。この問題の重大さを痛感しましたね」

それを受けて、どのような対応をしましたか?
「まず実施したのは、お客様に対する聞き取り調査です。その結果、トラック・ドライバーの高齢化が進んでいることや、若い人がほとんど入ってきていないこと、多様性が足りないことを指摘する声が寄せられました。そこで、600社近い企業と3万5,000人のトラック・ドライバーを対象にして、より大掛かりなアンケート調査を実施することにしました。もともと私たちは、お客様をビジネスパートナーとして捉える意識を強く持っています。問題解決のために何か行動することが、ひいてはお客様のビジネスのお役に立つという考え方ですね。また、オーストラリアの大型トラック市場をリードする企業として、業界と社会全体のお役に立ちたいという思いもありました」

若い人がトラック・ドライバーという職業に就きたがらない理由は何だと思いますか?
「『すごく格好いい仕事』とは思われていませんよね。トラック・ドライバーと輸送業界全体に対する世の中のイメージは、未だかんばしくありません。業界内に体系的な教育の仕組みがなく、広く通用する国民的な資格制度が整備されていない点にも問題があります。本来なら、今の時代のドライバーは高いプロ意識を持ち、会社の顔として重要な役割を担うはずなのです。それを知らせるため、もっと効果的な情報発信をしていこうと考えています。これまでもトラック業界のメディアを通した周知活動は大きな効果を上げていますが、対象を広げる必要がありますね。業界のリーディング・カンパニーとして、より多くの人々に向けてメッセージを発信していきます」

具体的に進めている取り組みの内容を教えてください。
「ボルボ・グループ・オーストラリアとして、2017年にドライバー養成アカデミーを創設します。これは、大型車両の運転免許保持者がトラック・ドライバーになるために必要なトレーニングを受け、経験を積むことができる学校です。また、輸送業界への就職を考えているドライバーの意欲を高める制度も発足させます。ドライバーの職探しに役立つ、業界全体で通用する技能証明制度になるでしょう。私たちの充実したディーラー網を活用することで、オーストラリア各地の重要拠点をすべてカバーできます」

トラック・ドライバーに女性が少ないことも問題になっていますが、女性進出の奨励策はどうですか?
「輸送業界に入りたい女性の登竜門というべきドライバー養成学校、ピルバラ女子大型輸送車アカデミーと提携することができました。当社からはトラックを2台提供しており、友好的な協力関係が続いています。世の中にはトラック・ドライバーになりたい女性が大勢いますが、トラック免許を取ってもなかなか経験を積む機会がありません。しかし、この提携関係によって非常にいい変化が起きつつあります」

オーストラリアのドライバー不足に関するデータ

  • バルク貨物を除く国内貨物輸送の 75% は路上輸送。2030年には、路上輸送の需要がさらに倍増する見込み。
  • すでに輸送会社の 46% がドライバー不足に悩まされている。
  • トラック・ドライバーに悪印象を抱くオーストラリア人の割合は 88% にのぼる。
  • オーストラリアのトラック・ドライバーの平均年齢は 47歳
  • 30歳未満のドライバーの割合はわずか 15%
  • ボルボ・グループ・オーストラリアのアンケート対象企業で働くドライバーのうち、女性はわずか 3%

出典は、ボルボ・グループ・オーストラリアが作成したトラック・ドライバー不足に関するレポート(2016年5月)

関連コンテンツ

オーストラリアの荒野を走る175トンのロード・トレイン

「アウトバック」と呼ばれるオーストラリア奥地で、ボルボFH16トライドライブ175トン・ロード・トレインのハンドルを握る52歳の女性ドライバー、マクシン・テイラー氏。4両連結のトレーラーを牽引し、灼けつく道をひた走る。長くて暑い一日だ。彼女はトラックに育てられ、トラックと共に夫の最期を見届けて、この道を今後も生きていく。...

輸送のベスト・ミックス

オーストラリアで輸送フリートを経営するクレイグ・フォックス氏に成功の理由を聞くと、ポイントは2つあるという。積載量の多さと取り扱い貨物の豊富さだ。...

望み得る最高のスキルレベルを

一流のスキルを体得したドライバーは貴重だ。スウェーデンの輸送会社ヤルドラース・オケリも、優秀なドライバーを切実に必要としている。...

記事を絞り込む

5 true 5