ボルボFHのシャーシの仕様

  • シャーシの高さ
  • 最大フロント・アクスル荷重
  • リア・サスペンション
  • カップリングの高さ、トラクター
  • 牽引バー
  • 燃料タンク
  • AdBlueタンク
  • フィフス・ホイール
  • 独立懸架フロント・サスペンション
  • ボルボ・ダイナミック・ステアリング
  • タグ・アクスル
  • プッシャー・アクスル
  • ブレーキ

フィフス・ホイール・カップリングの高さ

駆動 シャーシの高さ サスペンション フレームの高さ 第5輪の高さ* タイヤ 最小カップリングの高さ 公称値の駆動の高さ**
4×2 超低 RAD-GR 266 140 295–55 867 912
  超低 RAD-GR 266 140 295–60 887 932
  低画質 RAD-GR 266 140 315–60 955 1015
  RAD-GR 266 140 315–70 1014 1075
  RAD-GR 300 140 315–70 1031 1092
  高画質 RAD-GR 266 140 315–80 1056 1147
  高画質 RAD-GR 300 140 315–80 1090 1164
6×2 低画質 RADT-GR 266 160 315–60 975 1035
  RADT-GR 266 160 315–70 1034 1095
  RADT-GR 300 160 315–70 1051 1112
  高画質 RADT-GR 300 150* 315–80 1160 1234
  RAPD-GR 266 160 315–70 1034 1095
  RAPD-GR 300 160 315–70 1051 1112
  高画質 RAPD-GR 266 160 315–80 1076 1167
  高画質 RAPD-GR 300 160 315–80 1110 1184
6×4 高画質 RADD-GR 300 150* 315–80 1173 1234
8×4 高画質 RAPDD-GR 300 160 315-80 1137 1207
* + 60 mmの取り付け高さ
** おおよその高さ

牽引バー
センター・アクスル・トレーラー用のセミアンダーマウントおよびアンダーマウントの牽引バーが中央に取り付けられています。 牽引バーは、25 mmの間隔で取り付けることができます。

燃料タンク
150 ~ 900 Lのアルミニウム製または鋼製のタンクをご用意しています。 4×2トラクターの最大燃料タンク容量は1,480 Lです。

AdBlueタンク
32 ~ 100 Lのタンクをご用意しています。 AdBlueタンク・モジュールにはAdBlueポンプが内蔵されています。 タンクはプラスチック製です。

フィフス・ホイール
中央に取り付けられており、最大36トンの荷重まで耐えることができます。 L字形をしたさまざまな高さのISOフィフス・ホイールをご用意しています。このため、幅広い選択肢の中からお選びいただけます。 フランジマウントのフィフス・ホイールは、取り付けプレートが必要ないので軽量です。 シャーシより上側のフィフス・ホイールの高さは、約140 mmからお選びいただけます。 種類によっては、オプションで内蔵潤滑システムおよびトレーラー接続インジケーターを取り付けることもできます。

ブレーキ
EBS(電子制御ブレーキ・システム)は、多数の便利な機能を提供しながら、優れた応答性、性能、ブレーキング・フィールを実現します。 EBSは、ディスク・ブレーキとZ-カム・ドラム・ブレーキ(一部のアクスル構成とシャーシの高さにのみ利用可能)の両方でご利用になれます。 EBS Mediumパッケージやその他のオプションを追加することで、ブレーキ・システムをアップグレードすることができます。

独立懸架フロント・サスペンション
独立懸架フロント・サスペンションでは、フロント・ホイールが独立して上下するため、ハンドリング特性を格段に向上させることができます。 独立懸架フロント・サスペンションは、8.5トンの荷重に耐えることができ、4×2および6×2構成のトラックでご利用いただけます。 また、ステアリング補助機能と組み合わせることもできます。

ステアリング補助機能
トルク・オーバーレイを備えたアクティブ・ステアリング・システムです。 ステアリング補助機能により、低速時でもステアリングを軽々操作でき、ステアリング・キックバックを抑制できるだけでなく、路面の摩擦係数にムラがある状況下でブレーキを使用した場合でも、ステアリング・ホイールの向きを中央の位置に保つことができます。 前進または後退時でも、ステアリング・ホイールが自動的にニュートラル位置に戻ります。
現在、ステアリング補助機能は、デュアルフロント・アクスルを含む、すべてのアクスル構成でご利用になれます。 独立懸架フロント・サスペンションと組み合わせることもできます。

タンデム・アクスル・リフト
タンデム・ボギーの一番後ろ側の駆動アクスルを切り離して浮かせることで、燃料消費量を減らし、旋回半径を小さくすることができます。 トラックから積荷を降ろしたら、ダッシュボードのボタンを押してアクスルを浮かせることができます。 トラックに積荷を載せると、アクスルが自動的に下がって接続されます。
タンデム・アクスル・リフトは、ディスク・ブレーキが搭載された6×4および8×4構成のトラック(タンデム・ボギー装着)でご利用いただけます。

タグ・アクスル
シングルまたはデュアル・ホイール固定、自動ステアリング、または能動ステアリングなど、さまざまな構成でご利用になれます。 アクスル荷重は、 7.5トン、9.5トン、または10トンです。

プッシャー・アクスル
固定および能動ステアリングのトラクターおよびリジッドの両方でご利用いただけます。 アクスル荷重は、 7.5トンまたは9トンです。

EBS MEDIUM

EBSステータス制御
EBSは、TEA2+ 車両電子システムとボルボ・テック・ツールを使用して、ステータスを監視します。

坂道発進サポート
車両を前進させるのに十分なエンジン・トルクが得られた場合
にのみブレーキを解除します。

ライニング摩耗分析
ブレーキ・ライニング警告 – 現在のブレーキ・ライニングから残りの走行可能距離を計算します (ディスク・ブレーキにのみ利用可能)。

自動パーキング・ブレーキ解除
アクセル・ペダルを踏み、ギア(I-シフト・ギアボックスのみ)を
選択すると、パーキング・ブレーキが解除されます。

その他のオプション

フルトレーラー用トレーラーブレーキ
トレーラーにブレーキを断続的にかけることができます。 ブレーキが自動的に作動し、ジャックナイフ現象ができるだけ発生しないようにします。

ESP(車両挙動安定装置)
ブレーキ安定システムによって、各ホイールに個別にブレーキをかけることで、車両全体を安定させ、ジャックナイフや、横転、またトレーラー・スイングを防止します。 ESPは、法律で義務付けられている電子式車両姿勢制御装置として使用可能で、2および3アクスルの車両でご利用いただけます。

非常ブレーキ・ライト
50 km/hを超える速度で急ブレーキをかけると、ブレーキ・ライトが毎秒4回点滅します。

流体リターダー
ギアボックスに装着されたコンパクトなリターダーで、最大680 kWの効果を発揮します。

ダウンロード

シャーシの仕様

詳細なシャーシの仕様をPDF形式でダウンロードする

ダウンロード(PDF, 1.8 MB)
最寄りのディーラーを探す

気に入りましたか? 運転してみてください

ボルボのダイナミックな新しいシャーシを本当に体験していただくには、ハンドルを握ってもらうほかありません。 最寄りのボルボ・トラック・ディーラーでご試乗ください。

最寄りのディーラーを探す