ボルボ・ゴールド・コントラクトの説明ビデオ

鍵は遠隔管理ゲートウェイにあり

遠隔管理ゲートウェイを使用して接続されているボルボ・トラック

よりスマートなサービス・プランニングの実施

ボルボ・ゴールド・コントラクトでは、整備によって稼働率が損なわれることはありません。遠隔管理ゲートウェイによって、ワークショップは走行中の車両のエンジン・データ、走行距離、燃料消費量、および重要な部品の状態にアクセスできます。 これにより、トラックで実際にメンテナンスが必要になるまでワークショップに車両を持ち込む必要がなくなります。また、稼働できない状態になる前に問題に関する警告が行われ、ワークショップではお客様が着いた時点で整備を行う準備が万全に整った状態でお客様をお迎えできます。そのため、時間やコストが一切無駄になりません。

事務所のデスクで作業するボルボ技術者

場所を問わない定期メンテナンス

メンテナンスによっては、ワークショップへの持ち込みが不要になります。 オンライン機能により、技術者は離れた場所から車両にアクセスして、表示される燃料消費量、燃料タンク・サイズ(追加のタンクを取り付けた場合)、推奨速度制限などを較正できます。 また、離れた場所から荷重インジケーター機能を有効にすることもできます。道路脇に数分停止していただくだけで、技術者が仮想で作業を行います。

Volvo Action Serviceボタン

秀逸なロードサイド・アシスタンス

予定外の稼働停止は起こり得るものです。そのため、ボルボ・ゴールド・コントラクトにはVolvo Action Service On Callが含まれています。 ダッシュボードのVASボタンを押すだけで、お客様の言語を話すオペレーターにつながります。 オペレーターはお客様の正確な位置をピンポイントで特定し、トラックの診断トラブル・コードにアクセスします。 数分で、作業を行うための適切なメカニック、工具、スペア・パーツを乗せたサービス車両が派遣されます。 これにより、時間や リソースの無駄がなくなります。

Volvo Action Serviceが特別な理由
最寄りのディーラーを探す

出先の場所で 待つだけ

100%の稼働率を実現する方法については、最寄りのボルボ・トラック・ディーラーにお問い合わせください。

最寄りのディーラーを探す