砂利道を走るボルボFH(トレーラー連結)と浮かした状態のタンデム・アクスル

最適なドライビング・モード

タンデム・アクスル・リフトは、行きは積荷を満載した状態で走行し、帰りは空の状態で走行する必要がある場合などに理想的です。 トラックから積荷を降ろしたら、ダッシュボードのボタンを押して、駆動アクスルを切り離して浮かせます。 トラックに積荷を乗せると、トラクションと操縦性を最大限に高めるために、駆動アクスルが自動的に下がって接続されます。 この接続には、機能が起動してから完了するまでの15秒しかかかりません。このため、貴重な時間が無駄になることはありません。

浮かした状態のタンデム・アクスルのアップ

燃料を最大4%節約

駆動アクスルは、摩擦抵抗と転がり抵抗を発生させ、燃料消費量を増加させます。 必要ないアクスルを切り離して浮かせることができます。アクスルを浮かせることで、帰り道では燃料消費量を最大4%削減することができます。 また、収益を大幅に改善することができます。

砂利道を走る浮かした状態のタンデム・アクスル

操縦性の向上

アクスルを浮かせると、トラックは4x2または6x2構成の場合と同じように振る舞います。その結果、旋回半径は小さくなり、操縦性が大幅に向上します。たとえば、ホイールベースが4.6 mの6×4構成のトラックでは、1 m以上も旋回半径を小さくすることができます。

タンデム・アクスルを浮かした状態のボルボFHを正面から見た図

路面をしっかりとらえる

トラクションを向上させる必要がある場合、アクスル荷重限度内であれば、ダッシュボードのボタンを押すだけで1つの駆動アクスルに荷重を移動させることができます。 低速であれば、運転中に押すこともできます。

最寄りのディーラーを探す

アクスルを上げて 収益を向上させましょう

最寄りのボルボ・トラック・ディーラーで、タンデム・アクスル・リフトをご体験ください。

最寄りのディーラーを探す