1分メモ ― クローラー・ギア付きI-シフト

ボルボ・トラックのクローラー・ギア付きI-シフトには、総重量325トンのトラックを完全停止から動かす能力がある。また、時速0.5 kmもの低速を保ちながら操縦できるため、作業の精巧さが求められる現場で大きな威力を発揮する。

「1分メモ」は、すべてのトラック・ファンに興味深い情報をお届けするシリーズ。今回はクローラー・ギア付きI-シフトに関する内容だ。

関連コンテンツ

1分メモ ― I-シフト・デュアルクラッチ

ボルボ・トラックのI-シフト・デュアルクラッチは、スムーズなギアチェンジを実現する新機構。レーシング・カー用ギアボックスの技術を取り入れた、大型トラック業界では他に類を見ない機能だ。特に、シフトチェンジがひんぱんに必要となる作業条件で絶大なメリットを発揮する。積載重量が大きいほど、そして運用条件が厳しいほど得られる効果は大きい。...

1分メモ ― ステアリング補助機能

「ステアリング補助機能(VDS)は、ボルボ・トラックがまた1つ実現させた世界クラスの革新技術だ。低速時には、軽い力で正確なハンドル操作ができ、肩や腕に無理な負担がかからない。このため、安全性を向上し、ドライバーの身体に起きがちな負傷のリスクを軽減することができる。...

1分メモ ― 自動トラクション・コントロール

ボルボ・トラックは、全輪駆動の建設用トラックとしては世界で初めて、駆動輪を自動的に切り換える機構「自動トラクション・コントロール」の提供を開始した。これは、地面が滑りやすい状況や柔らかい状況でリア・ホイールが空回りした場合に、駆動力をフロント・ホイールに接続する機構。建設用途と長距離輸送用途において、操縦性と経済性を確実に高める効果がある。...

記事を絞り込む

5 true 5