1分メモ ― キャブ空間

近年、ボルボ・トラックのキャブはますます改良されている。ボルボFHではキャブ内容積が1㎥アップし、空間のゆとりと開放的な雰囲気がさらに増大しただけでなく、収納スペースの容積も300L大きくなった。

「1分メモ」は、すべてのトラック・ファンに興味深い情報をお届けするシリーズ。今回はキャブ空間に関する内容だ。

関連コンテンツ

1分メモ ― キャブの安全性

ボルボFHの開発の過程では、何千回、何万回の衝突シミュレーション・テストと、約100回ものクラッシュ・テストが行われた。その結果を踏まえて施された改良により、ボルボFHのキャブは、ボルボ・トラック史上もっとも安全性の高いキャブとなった...

1分メモ ― 視認性

走行時の視界が制限されていると、ドライバー自身と他の道路利用者の安全を確保しにくくなる。このため、ボルボ・トラックのキャブは、注意力をそらす要素を極力減らし、視界を最大限に確保できるように設計されている。特大サイズのウィンドウ、スリムなデザインのリアビューミラー、暗い環境での運転時に見やすさを向上する夜間モードなどが特長だ。...

1分メモ―アクティブセーフティー

新技術の発展によって、大型トラック用アクティブセーフティー・システムの能力はますます高度化してきた。ドライバーの事故防止行動を助けるアクティブセーフティー・システムは、すべての道路利用者の安全性向上に役立っている。...

記事を絞り込む

5 true 5